映画「君の膵臓をたべたい」(感想)

上島珈琲で♪ ここではいつもホットミルク♥
上島珈琲で♪ ここではいつもホットミルク♥

よかった

泣いた

沁みた

透きとおった・・・

 

 

最後、なぜか

夏の青空を仰ぎ見るかのような

作品だった

(桜の季節がキーワードだったのに)

 

 

淡々とした

虫のような、蝉のような心で

夏の一日一日を謳歌したいと

思うような・・・

 

 

暑い、寒い

アップダウンの激しい情動の世界ではなく

日常の温もり、流れの中に

生きることを選んだ人たちの物語

 

 

娘の塾の数学の先生も

この原作を読んで泣いたらしい・・・

 

 

映画館でも

多くの男性の姿が見られた

 

 

男性の心も

女性の心も

透きとおった何かで洗い流してくれる

 

 

8月1日に

ふさわしい映画だったように思う!

 

 

またステージが

ふわっと一段引き上がったような・・・ね

 

【映画】タグ つくりました♪

 

バラバラになっていた映画の感想記事を

まとめてみましたこちらのページへ

 

でも

年間50本以上は映画館で観ているはずなのに

感想を書いているのは

あんまりなかった・・・(笑)

 

拾えていないだけかな?