『幸運のキノコ』を見つけに来て

サブールブロカントさんの

アンティーク展示で見つけて

 

 

 

持ち帰ってきた品のひとつに

この「キノコの標本」があります

 

 

 

もともとは

学校の教材用につくられた

標本パネルなのだそう

 

 

 

スウェーデンに買い付けに行った際、

カフェの壁にかかっていたのを

交渉して

譲ってもらったんだそうです♪

 

 

 

他にも人体解剖図など

いろいろあったのだけど

 

 

 

いちばんキノコの絵が

インテリアには沿うかなと思って

選んできたんですって

 

 

 

この標本の中のキノコたちは

長野の山に自生していたもの

そのままで

 

 

 

スウェーデンも

飯綱高原も

やっぱり、あの空気感は

通じるものがあるんだなぁ・・・と

 

 

 

山小屋暮らしを彷彿とさせる

懐かしいキノコたちに

こころがやわらぎます・・

 

 

 

今頃、

長野の山ではキノコ狩りの季節です

とれたての『きのこ汁』

おいしかったなぁ・・・

 

 

 

 

左上の

赤いキノコ「ベニテングダケ」は

ヨーロッパでは『幸運のキノコ』と

呼ばれているんだそう

 

 

 

見つけると突然の幸運に

出逢うんですって!

(知らなかったぁ)

 

 

 

でも、そういえば・・・

 

 

 

わたしも実際

長野の山の中ではじめて見たときは

 

 

 

「絵本の中だけだと思ってたけど 、

ほんとうにこんなファンタジーなキノコ

生えているんだ!」って

 びっくらこきましたけど・笑

 

 

 

以来、いっぱいの幸運に

遭遇しているひとりかもしれませんね・・

 

 

 

へへ・・・

 

 

 

『隠れ家カフェ』にいらした方は

ぜひ、家の中を散策して

この赤い『幸運のキノコ』を

見つけてくださいね・・・

 

 

 

さぁ、

どこの壁に生えているかなぁ~

宝探し気分でお楽しみください・・・♪