· 

この夏いちばん!私を震撼させた本『BLUE GIANT』

8月の頭に滞在した

箱根本箱で大人買いした

漫画「BLUE GIANT」

 

 

 

地下の大浴場へ行く傍らの

休憩所・・・

 

 

 

ジャズピアニストの

上原ひろみさんの選書」の棚にあった本に

こころ鷲掴みされた夏になりました

 

 

 

  

高校からジャズを始めた主人公が

世界一のサックス奏者をめざす

成長物語・・・

 

 

 

毎日毎日毎日毎日

練習できるもの、打ち込めるもの

それができるほど好きなものに出逢えた人の

喜びが描かれていて

 

 

 

ほんとうに心振わされるシーンが

一巻につき2回はあって

嗚咽してしまうのです

 

 

 

ジャズのソロの部分は即興で弾くわけですが、

これは「チャネリング」と通じるものがあって・・・

 

 

 

チャネリングも

その場での即興なわけです♪

 

 

 

(わたしは

人との出会いそのものが、実は

即興パフォーマンスだと思っているのですが・・・♪♪ )

チャネリングという表現は

楽譜や脚本などあらかじめ用意されたものを

再現していくパフォーマンスではなく

 

 

 

その場で感じたことを体現していく行為としては

ジャズの即興に一番近いと思っています

 

 

 

その「場」と共鳴していくこと・・・

だから、

どこで、だれとまぐわうか(共演するか)で

全然変わってくる

 

 

 

相手がいいプレイヤーであればあるほど

エクスタシーを感じるわけで

 

 

 

あの高揚感は

何物にも代えがたい・・・笑 

 

 

 

 

高2までバスケ部で

そこで鍛えられた基礎体力、粘りが

サックスの演奏にも

いかんなく発揮されているあたりも

共感します。

 

 

 

彼の音の響きは

何か月かで培われたものではなく

彼が今までやってきたこと、

どう生きてきたか

「生き様」が現れるから・・・

 

 

 

チャネリングもそう

 

 

 

スキルだけじゃないんです

今までどう生きてきたか

何を感じてきたかが

その一瞬に現れるだけ

 

 

 

本当のあなたが

現れるんです

 

 

 

だからなのでしょうね、

チャネリング状態に入っている人は

ほんとうに輝いています

 

 

 

本人は

その時は夢中できっと自分がどんなに

「神がかっているか」に

気づいていないでしょうけど

 

 

 

きっとね、

わたしはそのあなたに会いたいんだと思います

まだ、気が付いていないあなた自身に

 

 

 

あぁ~!

「講座」やりたくなっちゃいましたね♪

 

 

 

目の前の人が

発光している姿を眺めたいだけなのかもしれません

 

 

 

これ以上ない

美しい光景ですから・・・