月の位置から地球を眺める

きっと、わたし自身がそういう場所でいっぱい掬われてきたから・・・ わたしもそのような木陰になりたいと、お腹すいたり、休みたくなったり、仲間に逢いたくなったりしたとき、そこにいくと在る樹になりたいと思ったのかもしれません。この写真はわたしの憧れの「ザクロの木」。いつかこのようなあり方になりたいと、部屋に飾ってときどき目を合わせています♥
きっと、わたし自身がそういう場所でいっぱい掬われてきたから・・・ わたしもそのような木陰になりたいと、お腹すいたり、休みたくなったり、仲間に逢いたくなったりしたとき、そこにいくと在る樹になりたいと思ったのかもしれません。この写真はわたしの憧れの「ザクロの木」。いつかこのようなあり方になりたいと、部屋に飾ってときどき目を合わせています♥

初めて鳥肌が立った。ほんとうに上から観ているんだと・・・

その日はほんと「しょんぼり」してたから「預言」が沁みましたね・・・。席で順番を待っているとき「どうかお願いだから わたしを励ましてください。ここがそういう場所であるなら・・・」と、はじめてかな、リクエストを上げていました。

 

前回の赤坂への預言カフェ訪問から半年・・・そろそろ伺いたいなとは思ってたんです。でもこの日も別の用事からの帰りで疲れていたしそのまま帰路へと・・・。ただ不思議なことに「高田馬場駅」に山手線が止まると後ろの人が降りるために、わたしは自然とホームに押し出され・・・。まるで大きな手がそっとわたしを電車から降ろしたような気がして・・・何も準備がなかったけど「預言カフェ」に向うことに・・・。

 

ここまでの道すがら「結局今年の後半わたしはどうしたらいいの?」と心の中で叫んでいたし、行くところ行くところはっきりとした応えには行き当らず、でも、そういうもんだよ、自分で読み解かなきゃ、誰にも頼れない・・・と、どこか自分で自分で・・・と思い込んでいたようにおもうんです。そして、自分で解決する、自分で考えることに疲れ切ってしまっていたんだと。

 

だから今回の預言の最後の方で「この年またその後半」というくだりに電流が走りました。この5年間、何本もの預言をいただいてきたけど「時期」に言及することは一度もなかったから・・・。そして「そのためにあなたを呼びました」と続いたときに、わたしははじめて預言を聞いて鳥肌がたつ体験をしたんです。ほんとうにわたしが心細く迷っている様子を上から観ている目を感じて。

 

思い返してみれば、これまでだってわたしは大事な場面で全面的に他力本願だったんです。大学受験も就職先の決定も、大きな岐路において迷って自分で決められない時、わたしはこういう場所に頼ってきたのでした。そこでもらったビジョンや材料から最終的決断は自分だけれど、今のわたしに観えていないものを観てくれる場所の存在がその都度どこかにあったことは、長い人生を歩いていく中ですごい安心感だったと思います。

 

思い出したような気がしました。ちいさな自分、地球に降り立って生きる自分の目からはとうていわからないものを、大きな視点に頼ることの正しさを。

 

「あなたがわたしを知り、そしてあなたがわたしの愛を受け取ったから」・・・とはそういうことかな。「預言カフェ」の場所でははじめて素直に身をゆだねた気がするんです。自分以外の大きな存在があることを知って、その顔は分からないけどその存在・場所に正直にすがったとき、こうして欲しいと言ったとき、その存在はほんとうに応えてくれるのだと、わたしはここにきて体感しなおしたんだと思います。自分ですべてやろうと思っていたときより、何倍も何百倍も落ち着きを取り戻しました。

 

自分には見えないことがある。だからその部分を映す鏡を持っている人・場所に会いに行く・・・人と会うって、場所に行くって、セッションの意義って、そういうところにあるんじゃないかなぁって、わたしは思っています。

 

チャネリングができるようになると、自分でなんでも解決できるようになると思ってらっしゃる方は多いけど、仕組みはちょっと違うんです。

 

わたし自身、そういう場所で掬われてきたから・・・

人のことはよくみえるのに、自分のことって・・・その自分に乗っているぶん・住んでいるぶん、わかりにくいものですよね。

 

地球に住んでると、地球がどんなに美しいか分からなくなってしまうもの。地球の美しさは月くらいの位置から眺めるのがいちばん観えてきます。・・・これ、「月Café」のコンセプト♪

 

きっと、わたし自身がそういう場所でいっぱい掬われてきたから・・・

 

わたしもいつかそのような木陰になりたいと、お腹すいたり、休みたくなったり、仲間に逢いたくなったりしたときにそこにいくと立っている樹になりたいと、思ったのかもしれません。

 

今年も「月Café」(年に一回みんなで創る1dayカフェ)開こうとむくむくと思ってきました・・・9月頃、お月様からの眺めがよくなってくる頃はいかがでしょうか(笑)

 

今年の「月Café」は~マルシェスタイル~

 

わたしが実際すごく自分が見えた!安心した!ラクになった!元気になった!と思えたお気に入りの場所・セラピストさんたちにお越しいただいて、マルシェ風にお店を並べてもらったら素敵だなって考えています。

 

具体化してきたら、またみなさんにご案内しますね♪・・・どうぞ、この秋の「月Café~マルシェ~」をお楽しみに・・・わたしがいちばん楽しみかも

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    ウミガメ (水曜日, 31 5月 2017 15:03)

    他人様に頼るのが難しいと感じるのは
    業界特有の試練なのでしょうねぇ・・。

    からの~、月が観えて良かったです!!☆

  • #2

    noriko♪ (水曜日, 31 5月 2017 21:28)

    ウミガメさん♥

    はい。よかったです・・・♪

    「5月のカレンダーの読み解き」の通り、
    今月はまさに「内省」がテーマだったようで、
    なんと!9人もの方からセッションやら、リーディングやら、セミナーを受けていました!
    こんなに集中した月もめずらしいけど・・・

    わたしはセッションしてもらうのが、大好き♥
    自分のことが知りたいからなんですが(笑)
    もっともっと知りたい・・・いろんな角度から知りたい!
    ・・・ほんと欲深い奴なんです♪

    自分のことは人に任せて
    わたしのチャネリングは、人を観るため。
    お互いに人を観合うのが、いちばん効率がいい♪

  • #3

    ウミガメ (木曜日, 01 6月 2017 11:19)

    なるへそ♪
    呼吸と同じ。
    吐いた分だけ、吸わなきゃ!・・・なのですね♪✌