私のヒューマンデザイン物語

スピマとの出会いが7年前。はじめて遊びに行った先の12月東京スピマで、体が自然に向かったのがヒューマンデザインさんのブースでした。

 

そのブースはクールで清潔感があり、品のある男女が鎮座されていましたっけ。そこで受けたリーディングが、私の人生を変えましたね!

 

「マインドは自分には使えません、人に与えていってください」

「あなたは、約束しちゃいけません」

 

おいおいおい・・・!?

 

初めて面と向かって言われた言葉の数々。正直ちょっとショッキングな内容でした。そして、今までうまくいかなかった謎がみるみる解けていく・・・

 

自分の扱い方のポイントを的確に教えてくれたのです。それからは「自分の知らない自分」を知れることが、もう楽しくて楽しくて、気がつくと・・・ 

 

2010年11月23日には、ヒューマンデザインの総合的なリーディングを実地できる「アソシエイト」に。2011年9月25日には、ヒューマンデザインの最も大切なコースであるLYDコースを開催し教えることができる「リビング・ユア・デザインガイド」になっていました。

 

ご興味ある方はこちらのHPへ

Human Design Japan

http://humanjp.com/

 

チャネラーとして活動させていただいてる今の自分があるのも、ヒューマンデザインさんと出会い、自分のデザインを知るようになったことによるところが大きいと思っています。

 

これからも、自分のこと(小宇宙)を知るツールとして、私のマインドの遊び場として、楽しく学んでいけたらいいなぁと思っています。

人は皆、美しいマシンに乗っている

画像をクリックするとヒューマンデザインHPへ飛びます。その中の【無料チャート】からご自分のbodyチャートを簡単にご覧になることができます
画像をクリックするとヒューマンデザインHPへ飛びます。その中の【無料チャート】からご自分のbodyチャートを簡単にご覧になることができます

取り扱い説明書」といわれている「bodyチャート」。

 

最初に自分のチャートを見たときの感想は・・・「なんか美しい!」。カラフルに色が散らばっていて、白い部分も多く・・・ここに大きな可能性を感じました。

 

今まで目にすることができなかった意識構造を視覚的に認知できるこのチャートは正直、画期的です。

 

建築の勉強もかじってきた私といたしましては「設計図」なるものは、大好物!どっかでこういう便利なものないかなぁと思っていたところだったので、即かぶりつきです。

 

これを読み解けば、私の構造がどうなっているのか分かるんだぁとワクワクしました。小さいころから大好きだった『新造人間キャシャーン』のごとく、私もある意味「造人間」だったのですわよ、ひょ~♪

 

いや、私って実は『マッハGOGO』(←これもすさまじく古いアニメだが)のような、すごい「myマシン」に乗ってたのね!という感動の方が近いかなぁ。

 

この40数年間で、自分の操作はあちこちぶつけながらも だいたい解かってきたつもりでしたが・・・いやいや、まだまだ押していないボタン、存在さえ知らなかった秘密兵器がたくさん眠っていたわけです。

 

まぁ・・・今までよくもこの「取説なし」で事故も起こさず運転してきましたよね。って、いや・・・残念ながら十分事故ってました。人引いちゃったり、ガードレール飛び越してダイブしちゃったりと・・・もうキズだらけです。

 

小学校までの間に、親や先生から生きていく上でのだいたいの基本操作は学べますよね。

 

ただ、家庭でも学校でもひとりひとりのデザインに合わせた操作の仕方を教えてくれる授業は 無いわけです。後はひとり路上に出て実地訓練で学んでいくしかないのが現状。考えてみると心細いことです・・・

 

 

 

思い返すと 私の場合、小学校1,2年のときの担任の先生が、みんなの違うデザインを見抜いて扱ってくださった、偉大な方でした。

 

子どもながらにわかるんです。

 

あの子とこの子への接し方が違う・・・それは差別とはちがう、みんなの違う音色を聞き分けて たたき分けていらっしゃったというか・・・。その空間には確かに、心地よさがありました。

 

みんながみんな違う音を出す楽器で、音が重なり重なり・・・渦巻いているんだけど、決して気持ち悪くならなくって奇跡的にハーモニーになっている空間。

 

それを指揮者のようにまとめるような、見守るような先生・・・ひとりひとりが自由に表現することを許してくれる場、そのものでした。

 

「ヒューマンデザインのbodyチャート」は、このような偉大な先生の代わりになってくれるんじゃないかなぁと。いうなれば、家庭の保護者や学校の先生にとっては、待ちに待った「お助けツール」。

 

これからの時代、医療機関で使うカルテのように、子どもひとりひとり違う扱い方があることを知れる「bodyチャート」を教育の現場でも使っていけたら、ずいぶんと未然に衝突事故も回避できるんじゃないかなぁと、今の私は思っています。 

娘のデザイン

実際・・・娘との関係で、私はこのチャートをずいぶん役立てています。

 

これに出逢った時、当時娘は小学校1,2年になっていましたが、彼女との遭遇からずっと私が体感してきたことが、この彼女の「bodyチャート」に見事に浮き上がっていました(笑)

 

なぜ、合い入れないのか、どうして彼女には通じないのか・・・?

 

彼女の「bodyチャート」には明確に、「そうですよ。だって、生まれながらにこういうデザインですから」と謳ってあったのです。いい意味で、あきらめがついた感じです(笑)

 

 

 

彼女が私の体から出てきたとき、まず最初に思ったのは・・・「主人にそっくり!」

 

私の体から出てきたはずなのに、主人にそっくりとは何事じゃ!と、勝手に衝撃を受けた記憶があります。私の体から細胞分裂したのだから、わたしに似てて当たり前・・・どっかでそんな淡い期待があったのだと思います。

 

ですが、主人のことをわたしは全て知り尽くせないように、彼女もまた、私と彼が化学反応してできた生物であるからには、共通点があっても不思議ではないけれどあくまで「未知なる新種の生物」なんだ・・・と、いうことを「認知」。

 

娘であること。同性であるがゆえに、つい「分かっている」・「わたしと同じように生きる」ということは決して言えないんだなぁということに、最初に直面させてもらったように感じています。

 

女の体から男が出てくるだけで十分神秘的ですが、私と違う顔の女が出てきたことで「この子はあなたとは違うんだよ」という「大切な警告」を受け取ったように思っています。

 

 

 

そんなこんなで、自分とは違うこの「愛しい存在」との授業が始まったわけですが・・・「大切なことは全部君が教えてくれた」というドラマも昔ありましたが、まさに全てを彼女から教えてもらっているとも言え、わたしにとっては、なんとも厳しい先生が担任に・・・

 

実際、彼女のデザインを見てみると・・・頭のてっぺんの三角形と右側の三角形以外、全てのセンターに色がついているデザイン。私に比べてたくさんの色が塗られています。

 

事実、彼女の方が、より個性的。「自分」というもの「こだわり」が生まれながらに多くあることが伺えます。

 

そういえば・・・

 

産まれて2,3日で「可愛いため息」のような声を出していたし・・・2週間もたつと、地球とつながっている安心感からか、誰が覗き込んでもニコニコ。3歳前には、既に自分の好きな服しか受け付けなかったし・・・4歳で「やさしいママでいてね、怒りんぼのママも好きだよ」と詩人のような手紙を書き、6歳で言葉が揃うと「ママにはまだカミ様がいないからね・・・」と、独自の神さま論を私に語ってくだされた・・・

 

なんなんじゃ!この子は・・・

 

私が小さい頃はこんなんじゃなかったよ!という驚きの毎日。自分の要望を通すまであきらめない上等さ。この愛しき存在から容赦なく繰り出される「パンチ」に私はヘロヘロで・・・

 

おーいっ 私を誰だと思ってる!? これまで「泣く子も黙る、noriko様」だったんだぞ!宇宙は、こんなかわいい存在を使って私の生き方を変えようと「刺客」を送ってきやがったかー!?

 

 

 

「ママ、世界一好きだよ」と8年間言われ続け・・・さすがの私もメロメロ。一生分の「スキだよ」の言葉に、私の中の頑なな氷も溶け出す有様・・・そんな「愛の塊」みたいなヤツに遭遇してしまった私の人生は、大きく急カーブしていきます。

 

生まれてこの方、自分のことしか興味がなかった私が後世に想いを馳せるのは、それが「彼女が生きる世界」だから・・・。自分より大切に思える存在、命かけれる唯一の存在は、オレ様!の私に、計り知れない影響を与えることになりました。

 

 

 

【ヒューマンデザイン関連記事・・・】

「ヒューマンデザイン・ゼネラルリーディング」でゆっくり自分の体質と向き合う

「4つのタイプのオーライメージ」

「ニュートリノは情報を乗せている!?」

「赤い流れと出逢う」

・「縦糸と緯糸が織りなす文様 ~クロスオブライフからの眺め~」

 

 

※HDJのホームページから、無料チャートを手に入れることが出来ます。ヒューマンデザインって何?と惹かれ、興味をもたれた方は、ぜひ、ご自分のチャートを手に入れてみてください。

 

無料チャートは→こちらから

★10月限定90分セッションのご感想は→こちら

★ヒューマンデザイン・ゼネラルリーディングのご説明は→こちら